やっぱり手軽につくっちゃおう

おせちというのか、おせちもどきを作ります。メニューは毎年同じで、2日程食べれる量です。
内容は、から揚げ・きんぴら・甘い卵焼き・黒豆の煮豆・大根と人参の紅白なます・エビを頭ごと焼いた、塩焼き・九州風の筑前煮などです。
から揚げは、もも肉を3枚分、塩コショウ・ニンニク・醤油で味付けして一晩おき
かたくりと小麦粉であげます。卵焼きは、だししょうゆ、水、砂糖、酒を入れて作ります。
なますは、大根と人参、ゆずを千切りにして、ボールで塩もみ。
しんなりなったら、良く絞り、砂糖と酢を同量で漬け込みます。
途中で作るのめんどうになったら別の料理にもできるので重宝します。
おせちは買ったほうが楽だと思えばおせち宅配予約@お取寄せで行列ができる!人気通販お節特集とかで通販おせちしちゃいます。

さてさて、話はそれましたが、そのあとに
これも、少しだけ、だし醤油を入れています。
筑前煮は、鶏肉と野菜は一口大に切ります。それらを油で良くいためて、油をなじませてから、出汁、しょうゆ、みりん、砂糖、酒でコトコト煮込みます。
後は、味付けの数の子やかまぼこを買ってきて一緒にお重に入れています。
まるで、ちょっとしたお弁当の様ですが、元日は、これらと一緒に、前日までに注文していた
お刺身とお寿司を付けています。
毎年、同じメニューなので、慣れて簡単です。
大みそかに、おかず類はすべて作ります。
又、大きめの鍋にお雑煮のスープをたっぷり作ってから、元旦を迎えるようにしています。